通販物流における送料

通販物流を行う上で経費として掛かるものの1つに送料があります。通販で購入するお客様は商品代金だけでなく、送料も含めて購入を検討する場合がほとんどです。そのため通販物流を行う際には送料を下げる工夫が必要になります。通販物流の数量が多い場合は数量の多さを物流会社との値下げ交渉時の材料に使うことは可能です。通販物流の数量が少なくても物流会社をうまく選択することで、送料は減らせる可能性があります。

通販物流における出荷の作業

通販物流を行う際に見えないコストになりがちなのが、出荷の作業です。1人で切り盛りしている際は自分の時間を使うのでコストが見えにくくなりますし、人を雇っている場合でも出荷の作業だけを行っている作業員がいない場合は出荷の作業にどの位のコストが掛かっているのかは分かりにくいです。出荷の作業の時間をしっかりと把握することが大切です。しっかりと把握した上で出荷の作業にコストが掛かりすぎている場合は物流会社に出荷の作業を委託することもコスト削減につながります。

通販物流の委託について

通販物流を行う上で思わぬコストになるのがクレームへの対応です。出荷の作業を委託してもクレームへの対応に時間を取られていては通販物流には大きな痛手です。クレームへの対応に時間が割かれてしまう場合は出荷作業だけでなく、クレームへの対応を含めた通販物流を物流会社に委託することも考慮する必要があります。ただし、クレームへの対応の委託に関して気を付けて欲しいことが1つあります。それは物流会社のクレームへの対応の方法によってはお客様が離れてしまう場合があることです。そのようなことにならないように物流会社をしっかりと選択する必要があるのです。

通販物流は、販売者と消費者の橋渡し的な存在です。販売前の段階では、商品の入出庫や保管・在庫管理などの業務があり、出荷の指示を受けるとピッキングや梱包作業などの業務が発生します。