ガラスに貼るだけで防犯性を大きく向上できる

防犯フィルムは主に窓ガラスに貼り付ける防犯グッズです。ガラスは少しの衝撃でも割れてしまう欠点がありますが、防犯フィルムを貼ることで割れにくくさせることができます。非常に破れにくいフィルムなのでガラスが割れても破片が貼り付き、飛び散ることはありません。空き巣などの侵入被害を防ぐには防犯フィルムの使用が効果的と言えるでしょう。

すべての防犯フィルムが優れているわけではない

防犯フィルムの名称で販売されているフィルム製品は多数ありますが、そのすべてが購入者の期待通りの働きをするとは限りません。防犯性が高い製品にのみ付けることが許されているCPマーク付きの製品でなければ、例え防犯フィルムと称されている製品でも破れてしまうおそれがあります。また、窓のサイズと合致しない物や経年劣化が生じた物は防犯性が著しく低下しているので速やかに交換するのが賢明と言えるでしょう。

防犯フィルムは専門業者に貼ってもらうのが正しい方法

CPマーク付きの防犯フィルムを貼ることで窓ガラスの強度を向上させることは可能ですが、その際にわずかでもサイズが合わなかったり貼る位置がずれているとガラスが砕け散るのを防ぐことはできません。また、フィルム内に気泡やシワが生じているとその部分からフィルムが劣化するので注意が必要ですが、素人作業で一切のミスをせずにガラスへ貼り付けるのは容易ではありません。高品質の防犯フィルムは高額なうえ、一度貼るとやり直しができません。お金を無駄にしないためにも、防犯フィルムの貼り付けは専門業者に任せるのが正しい方法になります。

防犯フィルムを貼ることで、泥棒が侵入する迄の時間を大幅に増やす事ができ、途中で侵入を諦めさせるなどの効果がありますが、反面、音がし難く周囲から気づかれにくいというデメリットもあり、注意が必要です。