人材育成研修は外注すべき理由

人材育成のための研修を実施するには内部のリソースを使うか外部リソースに頼るかをまず決断することが必要です。どのようにして実施するかを検討する際には外部リソースの利用を前向きに検討しましょう。内部リソースを使う研修には限界があるからです。社内の人が発信できる情報は限られていて、グループワークをするとしても取り入れることができるワークは限定されてしまうでしょう。新しいものを取り入れようとしても良いやり方がわかっていなくて効果が上がらなかったというトラブルはしばしばあります。この打開策として有効なのが外注して、ノウハウや経験を持っている人たちに研修の立案や説明、実施を依頼する方法なのです。

外注先の選び方のポイント

外注先を選定するときに重要なポイントとして費用対効果の高さが挙げられます。人材育成研修をしてもプラスの効果が得られず、企業にとって利益が生まれなかったら意味がありません。なれ合いのための研修ではなく、きちんと人材が意図していたように育つことが重要になります。その評価をするために欠かせないのが効果測定です。外注先を選ぶときには自ら効果測定をして結果まで責任を持ってレポートしてくれるところを選ぶのが良い方法です。結果の分析まで実施している外注先なら自社が行っている研修の価値や意義、効果などを客観的に評価しています。そのため、目的に合った内容に仕上げてくれる可能性が高く、費用対効果が上がりやすい傾向があるのです。

コロナ対応として人材育成のセミナーは直接的な指導が減ってきています。オンラインを活用したサービスが誕生しているのです。