将来性が高いフランチャイズの業態や業種を見極めよう

フランチャイズ事業は、売上額に応じて一定のロイヤリティを本部に支払う必要がありますが、店舗運営や自営業の経験がない人も、事業を始めやすいといった大きな利点があります。フランチャイズ事業の成功を左右するポイントは、素人にとって掴みにくいことがあります。そこで、少しでもフランチャイズ事業に興味がある時には、各地で行われているセミナーやフェアなどに参加をして、色々な事業本部の担当者と話をすることがおすすめです。また、飲食業やサービス業、小売業など様々な業態や業種の中から将来性が高いものを選ぶうえで、実際に様々なジャンルの事業を成功させた人の話を聞いてみるのも良いでしょう。

開業にどのくらいの資金が必要なのか確認しよう

フランチャイズ事業の開業に必要な資金の金額については、それぞれのフランチャイズの本部の方針はもちろん、業態や業種によっても大きな違いが見られます。たとえば、大手のコンビニやファミリーレストラン、学習塾などを開業する場合には、仕入れルートが初めから確立されていることや、広告宣伝費を掛けなくても集客が見込めるといった魅力があります。一方で、地域によってはライバルの店舗が多かったり、少ない客を奪い合ったりするケースもあるため、開業資金を集めながら、慎重に出店に向けて計画を立てることが重要となります。その他、業績が良いフランチャイズの本部の中には、年齢や過去の職歴など一定の条件を満たすオーナーを対象に、開業資金の援助をしているところも多くあります。

代理店は、旅行業やクリーニング業、営業代行業など複数のジャンルを扱っているところが少なくありません。