メンテナンスの手間が掛からないパソコンを探そう

数ある法人向けパソコンの中でも、導入後のメンテナンスの手間が掛からないものは、業種や業態によらず多くの企業の間で普及し始めています。特に、簡単なトラブルシューティングを社内で行えるものや、ベテランのエンジニアが修理のサポートをしてくれるものは、社員数の多い大手企業を中心に需要が高まっています。最近では、耐久性が強いパーツが使用された法人向けパソコンの魅力について、様々なメディアで紹介されており、各地の企業では数年以上にわたり長く使えるものが選ばれる傾向が見られます。なお、パソコンメーカーから直接法人向けパソコンを購入する場合には、長期間の保証を受けられることもあるため、契約前に具体的なサポートの特徴を調べてみると良いでしょう。

導入コストを節約したい時にはリースも検討しよう

法人向けパソコンを社内に一斉に導入をする場合には高額なコストが発生することがあるため、必要に応じてパソコンのリースを検討することがおすすめです。法人を対象に様々なメーカーのパソコンのリースを行っている専門業者の数は年々増加しており、月単位でリース契約を結べるところや、アフターサポートが万全なところも多くあります。そこで、導入コストを最小限に抑えるうえで、法人向けの相談窓口が設置されている業者に問い合わせをして、早めに見積もりを出してもらうことがポイントです。リースの専門業者の中には、契約更新のたびに最新機種を提供してくれるところもあり、業務の効率化などの点で大きなメリットがあります。

BTOとは「BUILDtoOrder」のことをいい、顧客は自分好みの仕様で完成させた商品を入手することができます。受注側の企業もオーダーに備え、各パーツごとに保管し、商品在庫を軽減できます。