適性検査によって分かること

適性検査とは、ある職業や学業に対してどれだけマッチした素質を持っているか調べるための検査です。適正には仕事のために必要なスキルを得る琴ができる能力的側面、仕事や職場に馴染むことができる性格的側面、動機や職業観に関する態度的側面の3要素があります。これらの適正を数値化することが可能になり、人物を多角的かつ客観的な目線で評価できるメリットがあります。適性検査には能力・知能テストやパーソナリティーテストなどのさまざまな種類があり、測りたい内容に合わせて選ぶことが必要です。

新卒採用の際に適性検査を行う効果

規模の大きい企業だと、採用希望者の人数も多いものになります。適性検査ならば大人数の希望者を同時に実施することができるので、効率的に人数を絞り込めるようになります。また、適性検査は採用基準を明確するためにも有効です。面接で評価するポイントは面接官ごとに異なっている場合も多いので、適性検査の結果を採用基準に取り込むことによって、公平に評価をすることが可能になります。面接での評価は自社の理念が重視されたものになりやすく、客観的な評価を取り入れるためにも役立ちます。

中途採用の際に適性検査を行う効果

中途採用の際に適性検査を行う目的の一つが、社会人として基本的な学力やスキルを持っているか確認することです。新卒採用の場合は研修を行うことで、ある程度スキルを育てていくことが可能ですが、中途採用では研修に時間をかけたくない場合が多いでしょう。基本的な知識やスキルは面接では見えづらいものですが、適性検査を実施することによって能力を把握することができるのです。

適性検査の中で、多くの企業が採用しているのがSPIです。職場で必要な能力を調べる能力検査や、人物像を把握するための性格検査などがあります。