何から片づければいいかを知る

新しい住居が決まれば必ず行わなければいけないのが引っ越しです。特に引っ越し準備である片付けが苦手な人も多いのではないでしょうか。とにかく荷物を詰めなければと身の回りにあるものを段ボールに詰めたは良いものの、当日までに使うものだとせっかく詰めた荷物をまた出さなければいけません。これでは二度手間になってしまいます。引っ越しの片付けを段取り良く行うためにはなにから片づければいいのかを知ることが重要です。引っ越しの片付けは、まず今使わないものから詰めるようにしましょう。段ボールさえあれば使わないものの片付けは引っ越しをすることを決めてすぐにおこなっても構いません。オフシーズンのアウトドアグッズや衣類は今使わないものの代表です。

部屋ごとに荷物は分けよう

効率よく荷物を片付けるにはどうすればいいかを考えたときに、真っ先に思い浮かぶのが種類ごとに片づけるということではないでしょうか。例えば衣類ならば衣類でまとめて1つのケースに詰める、本ならば本で1つのケースに詰めるようにすれば段ボールの数が少なくなって効率も良さそうです。確かに効率の良い方法ではありますが、特に本は1つの部屋にすべての本が存在しているということは少ないでしょう。複数の部屋に存在している本を1つのケースに詰めてしまうと荷解きの時に部屋を何度も往復しなければいけないばかりか最悪の場合どこに置いていた本か分からなくなります。引っ越しの片付けをするときは種類別で分けるのではなく、部屋ごとに分けるようにした方が段取り良く進みます。

引越しや大掃除の際に必ず発生するのが不用品です。不用品の回収は回収業者に依頼することが得策です。それによって費用をかけずに処分できたり、不用品の中に売却できる資源があればお金になることもあります。