発電効率を考えて設置しよう

家庭でも太陽光発電をするケースが増えていますが、パネルを設置するときには本当に十分に発電できるのかを確認するのが大切です。屋根の上にパネルを載せて発電するのが一般的な方法でしょう。その載せ方によって発電効率は大きく異なります。また、設置する枚数も多ければ良いというわけではなく、設置したけれどあまり発電できなくて導入コストの方が問題になってしまうというケースもあるのが事実です。そのため、設置した場合にどのくらいの発電量を見込むことができ、それによって納得できるようなメリットを生み出せるのかを試算してみた方が良いでしょう。

業者に相談して試算してもらおう

太陽光発電パネルの設置は専門業者に頼んで行うのが一般的です。その際にまずは屋根に載せる枚数や載せ方によってどのくらいの発電を見込むことができるのかを聞いてみましょう。通常、業者任せで話を進めてしまうと業者が考える最も良い設置方法しか試算してもらえません。しかし、もう一枚多くしたらどうなるか、設置する角度を変えたらどうなるかといった点も気になる人もいるでしょう。その比較をした上で確かにこの設置方法が合理的だと納得できるようになります。

試算をしてもらうときには三通りくらいは行ってもらい、内容を比較して最も良いものを選び出すのが良い方法です。もし比較した結果として、別の設置の仕方の方が良いのではないかと思ったら、再度その方法でどのくらい発電できるかを計算して示してもらいましょう。

太陽光発電の価格は年々安くなっています。太陽光発電のパネルの価格が低下しているのと、太陽光発電で得られる電気の売電価格が低下していることが関係しています。購入者が少なくなったのも理由のひとつです。