一からお店を作るかフランチャイズか

自営業では自分自身がビジネスの全てを決め、売上などの使い道なども自分で決められます。自分で実際にお客さんに対応するときもあれば、オーナーとして実際の運営は従業員などに任せたりするときもあるでしょう。それまでに自営業をしていなかったのであればまずはどんな方法で運営していくかを考える必要があり、まずはすべて一から自分で用意する方法があります。売上金を自由に使えるものの、知名度などがない時は当初の運営に苦労し短期間で廃業に追い込まれるケースもあるので注意しましょう。その他にフランチャイズで行う方法があり、ビジネスノウハウなどを提供してもらう代わりに売上金からロイヤリティーを支払わないといけません。こちらの方がビジネスを軌道に乗せやすいでしょう。

お金の準備の仕方を決める

自営業を行うのに必要なのがお金です。沢山お金があれば何でもできますが、実際は用意できるお金に限度がありその中でできるビジネスをしなければいけません。まずは返済が不要なお金として自分の預金などの利用があるでしょう。サラリーマン時代などに貯金をしてそれを使って運営します。その他に返済が必要になる借入の利用があるでしょう。借入は返済時に利息が必要になりますが、自己資金以上の大きなビジネスがしやすくなります。審査が厳しい銀行の他に比較的審査が緩い信用金庫や信用組合などに相談すると良いかも知れません。地域やビジネスによっては補助金が受けられる時があり、返済は必要なものの返済期間に余裕があったり利息が非常に低いなどのメリットがあるので検討しましょう。

フランチャイズとは、ブランド力のある企業が個人事業主などとブランド使用を許諾する契約をすることをいいます。